制度のしくみ

ふるさと納税はいつまで続くか?いつまで間に合うか?

ふるさと納税いつまで

ふるさと納税はいつまで続くでしょう、また手続きは・申し込みをいつまでに行えば間に合うでしょう

お得なふるさと納税はこれからも続きますし、1年中申し込みを行うことはできます

人気のふるさと納税返礼品は選べるうちに早めに申し込みを行ったほうがよいですが、今年の分のふるさと納税の申し込み期限は年末12月31日です

ふるさと納税 いつまで続く

ふるさと納税 いつまで続く

2019年6月1日から、返礼品の調達価格が寄付額の3割を超えていたり、返礼品が地場産品ではないなどの一部の限られた自治体については、ふるさと納税で寄付すると税制上の優遇措置を受けられる自治体の指定から外れています

大多数の自治体は、6月以降も継続してふるさと納税制度を利用できる自治体となっていますし、これからもふるさと納税制度は続いていきます

ふるさと納税自治体ランキング
ふるさと納税 自治体受入額ランキング 2020ふるさと納税 自治体受入額ランキング 2020 都道府県 市町村自治体 おすすめの自治体・返礼品...

ふるさと納税 いつまでお得

ふるさと納税の返礼品の還元率は3割までとなってはいますが、実質負担2000円で返礼品がいただけるのは変わらず続いていますので、ふるさと納税がお得であることは続きます

返礼品調達額の上限の目安が3割となりましたから、過去のような突出してお得な自治体というのはなくなっていますが、人気が高い地場産品の返礼品を出している自治体は引く続きあります

上限3割というのは返礼品の市販価格ではなく、自治体が調達する際の金額ですからかなりお得になります

こちらは「楽天市場ふるさと納税」利用者から特に高評価を受けている人気の高い返礼品です

お得な楽天市場ふるさと納税

ふるさと納税 いつまで

ふるさと納税 いつまで 間に合う

ふるさと納税は一年中申し込みを行うことができます

ただし、来年支払う税金が減額される対象となる今年の分のふるさと納税の申し込みは年末の12月31日までとなります

1月1日になってしまうと次の年の分となります

ふるさと納税はいつでも間に合いますが、今年の分の対象とするには今年中に行う必要があります

ふるさと納税 駆け込み いつまで

今年の分のふるさと納税は駆け込みでいつまでできるかというと、今年の分は12月31日までです

各ふるさと納税サイトで返礼品を12月31日が終わるまでに申し込みできますので、年末ぎりぎりまで駆け込みでふるさと納税できます

ふるさと納税を行っているふるさと納税サイトへ行って、ネットショッピングのように返礼品を選んでふるさと納税の申し込み注文を完了させてください

12月31日の何時何分まで受け付けるのかは、各ふるさと納税のサイトで確認してください

ふるさと納税 申し込み期限 いつまで

ふるさと納税の申し込みは12月に集中します

今年の分は、今年のうちにと12月に駆け込みで申し込みを行う方が増えます

今年の分の収入が明確になるのが年末になってからという方もいますので、年末の申し込みが増えます

次の年の税金の減額対象になるふるさと納税の返礼品の申し込みは年末12月31日中ぎりぎりまで行うことができます

ふるさと納税 年末 いつまで

ふるさと納税は1月1日から12月31日まで1年中いつでも行うことができます

今年の12月31日までに行った分のふるさと納税寄附金の分が、翌年の所得税および住民税から減額されることになりますから、今年の分のふるさと納税は年末の12月31日までに申し込みを完了させてください

返礼品が届くのは、各自治体・各返礼品によって異なりますが、いつ届くものでも12月31日いっぱいまでに注文を完了すれば、今年の分になります

12月31日ぎりぎりでも大丈夫ですが、その後の手続きに必要な期間が短くなるのでご注意してください

1月1日以降になってしまうと翌年分のふるさと納税になってしまうので、税金が減額されるのは再来年になってしまいます

人気の返礼品ランキング 楽天市場ふるさと納税

ふるさと納税 手続き いつまで

ふるさと納税 ワンストップ特例 いつまで

サラリーマン・会社員の方などは確定申告を行わなくてもよい方が多くいらっしゃると思いますが、確定申告が不要の方で寄付先が5自治体以内であれば、ワンストップ特例制度が利用できます

各ふるさと納税サイトでふるさと納税の注文を行う際に「ワンストップ特例制度を利用する」ことで、ワンストップ特例制度の申請書と寄附金受領証明書が、ふるさと納税した各自治体から送られてきます

返礼品より先に、書類だけが送られてくるケースが多いと思います

このワンストップ特例制度の申請書には送付期限があります

今年の分のふるさと納税とするためには、ふるさと納税した各自治体あてで年明けの1月10日必着で郵送する必要があります

申請書の用紙は、12月31日年末ぎりぎりのふるさと納税の申し込みだとしても、1月の年始早々には送られてくると思いますが、10日間しかありませんので注意が必要です

各自治体から書類が送られてきて、書類を書き、返送し、10日までに自治体の窓口に到着しなければなりませんので、遅れないように手続きしてください

ワンストップ特例制度の申請書と、添付が必要なマイナンバーに関する書類と本人を確認する書類を送らなければなりませんので、必要書類はあらかじめ用意しておきましょう

泉佐野市にふるさと納税を実際に行い、ワンストップ特例制度の申請書も提出しましたので、手順についてはこちらをご覧ください

ふるさと納税ワンストップ特例制度
ふるさと納税ワンストップ特例手続きはいつまで?ふるさと納税ワンストップ特例手続きはいつまで? 実際に行ったふるさと納税を例に手続方法・期限について説明します...

ふるさと納税の手続きは簡単です

ふるさと納税めんどくさくない
ふるさと納税はめんどくさくない!!手続き簡単でお得!!ふるさと納税はカンタンでめんどくさくありません 面倒な手続きはありません 簡単です...

年末に駆け込みでふるさと納税の申し込みして、ワンストップ特例制度の申請手続きを行う方は、1月10日郵送必着に遅れないように注意してください

年末駆け込みでふるさと納税を行い、ワンストップ特例制度を利用する場合は、申請書の送付期限までが短期間のため急いで処理しましょう

確定申告を行うのであれば、3月まで余裕がありますので、ゆっくり手続きできます

ふるさと納税 確定申告 いつまで

給与所得や雑所得の多い方、自営・フリーランスの方、医療費控除や住宅ローン控除などの各種控除のための確定申告を行う方などは、ふるさと納税の寄付金控除も合わせて確定申告することになります

ワンストップ特例制度の期限までに申請書を郵送できなかった場合、あるいは、ワンストップ特例制度を利用せずに確定申告を行う場合は、3月15日までに確定申告を行いましょう

ワンストップ特例制度が間に合わなくても確定申告すれば税金の控除は受けられます

ワンストップ特例制度の申請書を出すか、あるいは確定申告を行うか、とにかく手続きをしなければ、税金は還付も減額もされませんので、忘れずに必ず手続きを行いましょう

ワンストップ特例制度の申請手続きを行ってしまった場合でも、確定申告を行う必要が生じたのであれば、あらためて寄付金控除の申請を確定申告書の中で行う必要があります

確定申告して、所得税の還付金を受け、そして、来年の住民税を減額するという場合の手続きは、ワンストップ特例制度を利用する場合よりも時間には余裕があります

ふるさと納税の申し込みを行うと、各自治体から寄附金受領証明書が届きます

ふるさと納税に関して確定申告時に行うことは、確定申告書の寄付金控除の欄に寄附金額を記入することと、この寄附金受領証明書を添付することです

他に確定申告しなければならない収入や控除があるのであれば、ふるさと納税の分の申告で追加になる必要事項はこれだけですから、追加で行わなければならない作業は微々たるものです

おすすめふるさと納税サイト

いつもの楽天市場⇒楽天ふるさと納税

最大級の掲載数⇒ふるさとチョイス
旅行に使える⇒JTBのふるぽ
注目のふるさと納税⇒ふるなび

みんな知ってる⇒さとふる

ふるさと本舗
ふるさとプレミアム
au PAY ふるさと納税